めまい・メニエール病

当院グループは平成元年より様々なめまいに悩む多くの治療に携わってきました。当院を訪れる患者さんのほとんどは、病院で、数週間から数ヶ月治療しても治らず、どうすればいいのか悩んでいる人ばかり。当院の専門外来は、患者さんと一緒になって希望の光を見つけるため日々診療をおこなっています。

めまいがあると「メニエール病じゃないの?」と友人から言われたことはありませんか。
実は、めまいのうちメニエール病によるものは約20%であるのに対し、良性発作性頭位めまい症は約60%にものぼるといわれています。

また、めまい全体の20~25%は原因不明とされており、近年ではPPPDという原因不明めまいの診断基準が定まってきました。PPPD(持続性知覚性姿勢誘発めまい)とは 急なめまいを発症後、急性期症状は改善したにも関わらず、雲の上を歩いているような状態が、3 ヵ月以上にわたってほぼ毎日みられる 疾患です。PPPDに対しても鍼灸治療は有効です。

メニエール病については、女性に多く発症し、はじめは低音障害型感音難聴、突発性難聴と診断されるケースも少なくありません。また、再発を繰り返し、どんどん悪化していく病気でもあります。そのため、患者さん一人ひとりと向き合い、二人三脚でこれからの治療、対策をおこなっていきます。メニエール病には鍼灸治療が最も効果的です。共にめまい、難聴を克服していきましょう。

当院では、日本耳鼻咽喉科学会日本小児耳鼻咽喉科学会日本めまい平衡医学会全日本鍼灸学会にも参加し、そこで得たものを治療の現場にフィードバックしております。

こんな症状は赤信号! 一日でも早い治療をおこないましょう

  1. グルグルめまいがしている
  2. ふわふわ浮いている感じがする
  3. 長期間めまいに悩まされている
  4. 何度もめまいを繰り返す
  5. めまいだけでなく聞こえも悪くなった
  6. 寝返りでめまいが出る
  7. 朝起きれない
  8. 病院で治療しても変化がない
  9. 妊娠中で薬が使えない

メニエール病

メニエール病とは

めまいといえばメニエール病と言われるほど有名ですが、めまいとは

  • グルグル回っているように感じる(回転性めまい)
  • フワフワしたところを歩いているように感じる
  • 頭がグラグラする

といった症状の総称で、めまいの種類や、それにともなってあらわれる症状によって病名も変わってきます。めまいの原因をしっかりと診断し、的確な治療をして楽になりましょう。

患者さんがメニエール病かなと思うときは、ほとんどがめまい症状しか出ていない時です。それはメニエール病ではありません。また、頭がフワフワする、ぼーっとして集中できないといっためまいもメニエール病とは違います。

それでは、メニエール病とはどんな病気でしょうか。

患者さんがメニエール病を疑わなければならない症状は、「めまい・耳鳴り・難聴」があらわれた時です。激しいめまいを繰り返しているときは要注意です。

症状と診断基準

メニエール病は、何の誘引もなく突然、回転性(ぐるぐる回る)めまいが起こり、めまいと同時に、あるいはめまいの少し前から、片耳に耳鳴りや耳の閉塞感、難聴が起こります。
めまいを繰り返す間隔は人によって違い、数日、数週間、数カ月、あるいは1年に1回などさまざまです。

激しいめまいは、普通30分くらいから数時間続き、めまいの軽快とともに耳鳴り、耳の閉塞感、難聴は軽くなったり消失したりします。しかし、めまいを何回も繰り返しているうちに、めまいがおさまっても耳鳴りや難聴は軽快しないようになります。
めまいが激しい時は、これらの症状以外にも吐き気、嘔吐、冷や汗、動悸などが起こることもよくあります。

メニエール病は「くり返す」エピソードがあって初めて診断できるため、十分な問診が必要です。めまいの診察では体のバランスを調べる検査や眼振検査をおこないます。聴覚症状に対しては耳内を観察し、聴力検査を行います。

症状がめまいのみでも、隠れた難聴がある場合を想定して聴力検査を行う必要があります。逆に聴覚症状のみでも、隠れためまいがないか眼振検査を行う場合があります。

聴力検査では、メニエール病に特徴的な難聴が認められます。特徴は、低音障害型(低い音が聞こえにくい)あるいは水平型で補充現象(音が響いて聞こえる)などが確認されます。
また、厚生省特定疾患研究班調査によると、メニエール病は女性に多く、発症年齢は30歳代後半から40歳代前半に最も多く発症しています。

メニエール病の診断

メニエール病の特徴は

  • 繰り返すめまい発作
  • 耳鳴り
  • 難聴
  • 内リンパ水腫

ということがあげられます。

内リンパ水腫

内リンパ水腫は、内耳の中の内リンパ液が過剰になり、内耳が腫れた状態になることです。

内耳はカリウムに富んだ内リンパ液で充填された膜迷路と呼ばれる器官と、骨迷路と膜迷路の間を充填するナトリウムに富んだ外リンパに別れています。

メニエール病の本体である内リンパ水腫(膜迷路に内リンパ液が過剰に溜まり、膨らんだ状態である)の内圧上昇により内リンパと外リンパを隔てている膜が膨張し、ついには破裂し、カリウムに富んだ内リンパとナトリウムに富んだ外リンパが混合し、平衡や聴覚をつかさどっている感覚細胞が化学的刺激を受けること、あるいは物理的な刺激を受けることで、激しいめまいや聞こえの症状としてあらわれます。
内リンパと外リンパを隔てている膜は短時間で閉鎖しますが、再度内リンパ液が溜まるとまた膨張・破裂を繰り返し、めまいや聞こえの症状も繰り返すことになります。

感音性難聴

メニエール病は、感音性難聴に属します。感音性難聴とは、耳にある鼓膜や中耳炎という病名にもなっている中耳(ちゅうじ)と呼ばれる部分よりも内側の障害に起因して聞こえなくなるものをいいます。

音は空気が振動し、耳の穴を通り鼓膜へぶつかってその振動が蝸牛(かぎゅう)と呼ばれる器官まで伝わります。蝸牛で空気の振動が電気信号に変換され、その電気信号が脳へ伝えられてはじめて音として認識されます。

この音の伝達過程の中で蝸牛より外側が障害され引き起こされる難聴を伝音性難聴、内側が障害され引き起こされる難聴を感音性難聴とそれぞれ呼んでいます。

感音性難聴の症状としては、難聴のほかに蝸牛の障害として補充現象という音が過剰に聞こえてしまう症状や、高音部分の聴力低下に伴う聞き間違いといった症状が出てきます。

一般的に感音性難聴を発症した場合、構造的な問題から伝音性難聴よりも症状は強く、回復しにくい傾向にあります。突発性難聴やメニエール病がこの難聴に分類されます。

急性低音障害型感音難聴

メニエール病:難聴の聴力低音障害型

 ■低音障害型難聴

メニエール病:難聴の聴力水平型

 ■水平型難聴

急性低音障害型感音難聴は、低い音を感じる神経が障害された状態です。
典型例では、聴力検査で250Hzを中心に谷状の感音難聴がみられます。蝸牛の中心部が障害された場合に起こりますので、内リンパ水腫の初期に起こりやすい難聴です。

初めて発症した場合には、ストレス性の血行障害やウイルス感染による一時的な低音障害型突発性難聴によるものか、蝸牛型メニエール病の初回発作かどうかの区別がつきませんので、再発に気を付けなければなりません。

当院では、病院で突発性難聴と診断されたが、その後、何度もめまいと難聴を繰り返し悩んでいると相談される患者さんも少なくありません。

※参照 メニエール病診療ガイドライン
 厚生労働省難治性疾患克服研究事業
 前庭神経機能以上に関する調査研究班

良性発作性頭位めまい症

めまい症状のうち、約60%は良性発作性頭位めまい症といわれるほど多い病気です。この病気は、内耳の障害が原因で生じるめまいのひとつです。

耳のいちばん奥にある内耳には、聴覚と平衡感覚の情報を電気信号に変えて脳に送るという働きがあります。体を動かしていないのに内耳から「動いている」という信号が送られてきたときなど、内耳からの動きを伝える信号と目や筋肉からの信号が一致しないとき、めまいが生じます。

内耳には卵形嚢(らんけいのう)という器官があり、平衡感覚のうち垂直方向を感知する器官です。この中には炭酸カルシウムでできた耳石(じせき)があり、頭の傾きに応じて耳石が動くと、「傾いている」という信号が脳に送られます。耳石は常に代謝していて、はがれた細かいカスが卵形嚢にたまっていきます。

これは浮遊耳石ともいわれ、何かの拍子で三半規管の中に入り込んでしまうことがあります。すると、三半規管内のリンパ液の流れが誘発され、実際には頭は動いていないのに、内耳から「動いている」という信号が脳に送られます。これにより生じるめまいが良性発作性頭位めまい症で、10~20秒と、比較的短い時間で治まるのが特徴のひとつです。

PPPD

PPPD(持続性知覚性姿勢誘発めまい)とは急なめまいを発症後、急性期症状は改善したにも関わらず、雲の上を歩いているような状態が、3ヵ月以上にわたってほぼ毎日みられる 疾患です。

PPPDの特徴

  • 急性のめまいから、慢性の持続性のめまいに移行したものである。
  • PPPDに先行して、急性のめまいであるBPPV(良性発作性頭位めまい症)や前庭神経炎などがあり、パニック発作や、心因が先行することもあります。
  • 立位、体動、視覚刺激による症状の誘発が見られる。
  • 他の前庭疾患や精神疾患を合併する場合もあるが、この疾患のみでは説明できない。
  • 不安症やうつの合併がある

めまいを誘発する増悪因子

  • 立ったり歩いたりすること
  • 体を動かしたり動かされたりすること
  • 複雑な模様や激しい動きを見ること

PPPDの治療

PPPDは、従来の恐怖性姿勢めまい(PPV)と類似した概念であり、心療内科での認知行動療法と抗不安薬ないし選択的セロトニン再取り込み阻害薬SSRIで対処しています。

もともと、めまいが続いているだけでもストレス、不安、恐怖などが蓄積するため安定剤や抗うつ薬が処方されやすいです。

PPPDに対して鍼灸治療では、耳や首周りだけでなく体の様々な苦痛を取り除きながら自律神経系、めまいに関係する内耳の機能改善をおこないます。

起立性調節障害

子供に最も多いめまいで起立性調節障害という病気があります。

一般的には、朝起きれない原因として起立性調節障害を診断されることもあります。

症状は立ち上がった時の「眼前暗黒感」、「ぐらぐらするめまい、立ちくらみ」、「嘔気」、「頭痛」、「腹痛」などです。

したがって、問診上で典型的な回転性めまいの訴えの場合には起立性調節障害以外の他のめまい疾患を考えるべきです。

詳細は、専門ページ起立性調節障害をご覧ください

メニエール病の治療実績

めまい・メニエール病・PPPDの治療

実際の治療では、めまいに至った原因を客観的に追求し、患者さん一人ひとりに最適な治療を行っていきます。
一般的な鍼灸治療としては耳の周囲にある「耳門」、「聴宮」、「聴会」というツボを状態に合わせて使い分けることが多く、また、耳を含めた首から上の血流改善に効果がある「天柱」、「完骨」といったツボも頻繁に使われます。

*患者さんの症状によっては腰や手、足にあるツボに治療を行うこともあります。

下のグラフは、実際に当院で鍼灸治療を受けた患者さんの治療経過です。
めまいの症状はなかなか表現しにくいので、聴力の変化を一部ご紹介します。

めまい・メニエール病・PPPD

■30代女性
発症年月日:2016年1月
初診日:2016年2月
治療前検査日:2016年2月
治療中検査日:2016年2月(鍼灸治療後2週間)
備考:メニエール病
初診の鍼灸治療でめまいがほぼ無くなる

めまい・メニエール病・PPPD

■30代女性
発症年月日:2012年6月
初診日:2012年6月
治療前検査日:2012年6月
治療中検査日:2013年1月
備考:突発性難聴
初期からめまいが強かった

めまい・メニエール病・PPPD

■40代女性
発症年月日:2021年3月
初診時:2021年3月
治療前検査表:2021年3月
治療中検査表:2021年4月
治療中検査表:2021年5月
備考:発症4週間後のメニエール病
めまいが強く、難聴も現れていた。

めまい・メニエール病・PPPD

■40代女性
発症年月日:2021年2月
初診日:2021年2月
治療前検査日:2021年2月
治療中検査日:2021年3月
治療中検査表:2021年4月
備考:発症2週間後のメニエール病
めまい、耳鳴りが苦痛と訴えた。

めまい・メニエール病・PPPD

■50代女性
発症年月日:2020年10月
初診時:2021年1月
治療前検査表:2021年1月
治療中検査表:2021年2月
備考:発症4ヶ月後のメニエール病
めまい、難聴とも強く現れていた。

めまい・メニエール病・PPPD

■50代女性
発症年月日:2009年11月
初診日:2009年11月
治療前検査日:2009年11月
治療中検査日:2010年1月
備考:メニエール病
めまいが激しい為、在宅での治療

お気軽にお問い合わせください!

03-6304-8839 (受付時間 平日10:00~19:00)