朝起きれない起立性調節障害の治療

朝、体調が悪く学校に行けない、休みがちになるお子さんの原因は一人ひとり異なります。

その中でも、朝起きれない、気持ちが悪い、頭痛がするなどの症状を伴う「起立性調節障害(OD)」は、思春期に好発する自律神経の機能不全を起こしている病気です。

そして、鍼灸治療は、薬のように副作用もなく、起立性調節障害の原因である自律神経機能を正常に働かせる治療法です。

起立性調節障害(OD)とは

起立性調節障害は、自律神経系の異常で循環器系の調節がうまくいかなくなる疾患です。

この病気は、主に小学生中学年から中学生の思春期前後の小児に多く見られ、起立時にめまい、動悸、失神、朝起きれない、頭が痛いなどの症状が特徴である自律神経(末梢血管交感神経)活動が低下してしまう病気です。中には、高校やそれ以降進学、就職してからもこの病気に悩んでいる人も少なくありません。

はじめは、午前中は調子が悪く、脳に十分血液が通わないため、授業や仕事に集中出来ないことが多いですが、夕方には回復するため、「怠け病」と扱われて辛い思いをすることもあります。

起立性調節障害の身体的メカニズム

人が立ち上がると血液は重力のために下半身に移動します。そのため動脈、静脈のいずれの血管系でも、血液の重力、すなわち静水圧によって血管腔が拡張するため、血圧が低下します。

また下半身に血液が貯留するため心臓に還る血液量が減少します。

これに対して健常者では、代償機構が作動し交感神経末端からノルアドレナリンが分泌され、血管収縮が起こり、血圧が維持されます。

ところが起立性調節障害では、起立直後すぐに活発化するはずの交感神経が作動せず、また循環血漿流量も少ないことが相まって血圧が低下したままになります。

一方、心臓は血圧を維持するために心拍数を増加させ、起立中に頻脈を起こします。

引用:起立性調節障害Support Group

起立性調節障害チェック表

次のような症状は、起立性調節障害かもしれません。

診断は、次に掲げる「チェックリスト」うち3つ以上当てはまり、かつサブタイプのいずれかに合致することとなっています。 (起立性調節障害サポートグループ

チェックリスト

  1. 立ちくらみやめまい
  2. 起立時の気分不良や失神
  3. 入浴時や嫌なことで気分不良
  4. 動悸や息切れ
  5. 朝起きられず午前中調子が悪い
  6. 顔色が青白い
  7. 食欲がない
  8. 腹痛
  9. 倦怠感
  10. 頭痛
  11. 乗り物酔い

上記のものを学校生活に置き換えると

  1. 朝調子が悪くて学校に行けない
  2. 朝礼で立っていると貧血を起こす
  3. 起立、礼をすると気持ち悪い
  4. 頭痛や腹痛で授業に集中できない
  5. ふらつきがあるので階段が怖い
  6. 持久走や水泳で吐いてしまう
  7. 給食をおいしく食べられない
  8. 修学旅行や職場体験に行けない

などがあります。

起立性調節障害の治療

東京大学医学博士、元筑波技術短期大学学長等をされていた西條一止先生の著書や講義では、鍼灸治療が人体に及ぼす自律神経機能の変化を科学的根拠に基づき紹介しています。

副交感神経が優位になり誘発する喘息発作の治療から発見したこのメカニズムを利用することにより、末梢血管交感神経活動が低下してしまう起立性調節障害の治療法が可能になりました。また、現在の体質を東洋医学的診断、治療からもアプローチすることで起立性調節障害の症状改善、再発防止につながります。

ただ、注意すべき点は、以上のようなメカニズムを正しく理解し治療に反映しなければ効果が出ません。

当院では、自律神経研究の権威、西條一止先生が学長を務めていた「東洋医学臨床技術大学校アカデミー」にも全8期(8年)参加しており自律神経治療の西條理論を忠実に再現しています。

参考文献:
鍼灸臨床最新科学 メカニズムとエビデンス(医歯薬出版株式会社)
臨床鍼灸治療学(医歯薬出版株式会社)
臨床鍼灸学を拓く第2版 科学化への道標(医歯薬出版株式会社)

  1. 問診

    問診

    当院では、まず患者さんから立ちくらみやめまい、失神、頭痛、動悸など気になる症状、悪化する状況をうかがって、体の状態を把握します。
    その後、治療内容と今後の方針を極力わかりやすく説明させていただき、患者さんにご納得いただいてから治療に入ります。

    起立性調節障害は、単に自律神経の病気ではなく、他にもいくつかの原因が関係しています。
    その原因を明らかにするため、当院では様々な質問をおこないます。

    男子では、早産ではなかったのか、学校環境、生活習慣、声変わりや反抗期などを考慮、女子では、加えて初潮を迎えているのか、月経周期は安定しているのか、夜尿症などあるのか、低血圧や貧血はもともとあるのかなど疑わしい項目を「問診」させていただきます。原因不明の発熱から、起立性調節障害が始まることもあるから注意が必要です。

  2. 鍼灸治療

    起立性調節障害に対する鍼灸治療

    問診と検査等の後は、まず座って治療することが重要となります。

    次に、状態が安定してきたらベッドに横になってリラックスしていただいた状態で治療を続けます。

    起立性調節障害に対する鍼灸治療

    鍼治療は、小児の場合、皮膚を軽くつつくような小児鍼を使用します。

    大人用の鍼は髪の毛と同じくらいの太さ0.1mmほど、お灸は、火が直接肌に触れないものを使用していますので、火傷の心配はありません。

    お灸は副交感神経を刺激し、リラックス効果だけでなく、血行の促進や抵抗力を高めて体を強くしてくれるといった様々な作用があります。

治療は三人四脚

起立性調節障害は一人では治せません。
お子さんと治療家だけでも治りません。

  • 家族が朝起きる手助けをしてあげる
  • 家族が治療のため院まで送る
  • 家族が慌てず見守ってあげる

などご家族の手助けが必ず必要になってきます。
頑張る必要はありません。
無理せず、できることからやっていきましょう。

お気軽にお問い合わせください!

03-6304-8839 (受付時間 平日10:00~19:00)